ウォーターサーバーを使えば赤ちゃんのミルクも安心

赤ちゃんは1日何度もミルクを飲みますが、ミルクを作る場合は、お湯を沸かす、ミルクを哺乳瓶に入れてお湯を注ぎ入れ、人肌の温度になるまで哺乳瓶を振るなどして冷ますと言った工程が必要になります。

お湯を沸かす方法にはガスを使ってヤカンで沸かす方法も在れば、電気ポットを使っていつでもお湯を給水できるようにする方法などが在りますが、水道の水を沸騰させた場合、塩素を使って水の消毒をする際に、トリハロメタンと呼ばれている物質が作り出され、この物質は水を沸騰させることで3倍の量になると言います。



赤ちゃんの身体は小さいので、トリハロメタンと言う発がん性物質が体内に入る事になるなど、お母さんやお父さんとしては心配になり、ウォーターサーバーを導入するケースが多くなっています。
ウォーターサーバーで吸水できる水には大きく分けて天然水とRO水の二つが在り、何れも塩素が含まれていないのでトリハロメタンと言う物質も含まれていません。

NAVERまとめに関して悩んだら、是非お試し下さい。

また、ウォーターサーバーは常にお湯も給水する事が出来るため、赤ちゃんのミルクを作る時にお湯を沸かす必要が在りませんし、お湯の温度を設定することが出来るタイプも在るので、ミルクに適した温度にしておけば、冷ます時間を短縮できるというメリットが在ります。

通常は、ミルクが欲しいと泣き出してからお湯を沸かしてミルクを作り、赤ちゃんが飲むことが出来る温度まで冷ますと言った事が必要になりますが、ウォーターサーバーを導入することでこれらの工程が短くなる事、そしてトリハロメタンなどの有害物質の心配も要らなくなるというメリットを持ちます。